両親の衣装、何か変?


今回は結婚式における両親の衣装のチグハグをご紹介

『父親はモーニングなのに母親は留袖』

 

コレって良く考えると何か変!

まずは

『モーニング&留袖』が

分からない方の為に

モーニング

昼の正式礼装のこと。

背中の部分がV字に長くなったデザインで、

色は黒かグレーが基本。

主に新郎新婦の両親が装う礼装だが、

新郎がモーニングコートの場合は、

ネクタイの縞などを地味にして、新郎を引き立てるようにする。

また、式が夕方以降なら、夜の正式礼装であるタキシードを着用する。

 

留袖

黒留袖は既婚女性の第一正装として用いられ、

結婚式に新郎新婦の母親や仲人夫人、

親族の既婚女性が着る正装のきものです。

未婚女性の第一礼装である振袖の長い袂を切り、

脇も詰める。

つまり「袖を留めた」きものという意味から

「留袖」と呼ばれているのです。

婚家に留まるという意味で「留袖」と呼ぶともいわれています。

つまり、父親は洋装なのに、母親は和装なのです。

 

本来なら、「モーニング&ドレス」又は「袴&留袖』が正しい

では何故このような組み合わせになってしまったのでしょうか?

これは色々な説があるのですが、その中でも信憑性が高い理由を紹介します。

 

もともとは「袴&留袖」の組み合わせがほとんどだったと思います。

しかし、ここ20前くらいからキリスト教式が多く行われるようになりました。

キリスト教式を希望する新婦は教会を一緒にあるいてもらう為、

父親に袴ではなくモーニングを着てもらうように頼みました。

多分ですけど、この説が有力だと思います。

 

いまでもキリスト教式は圧倒的に人気なので

こういうチグハグな事が起きているんですね。

いっその事、母親のドレスレンタルも一緒にすればいいと思いますよね?

でも実際の所、結婚式場では母親のドレスレンタルを行っている式場は

まだあまり無いんです。

もし母親にドレスを着てもらうのであれば

両方の母親の衣装を合わせましょう。

両方の母親の衣装が揃っていないのもちょっとおかしいので。

披露宴の結びに謝辞を行う時、

新郎新婦とご両親、総勢6名が横に並びます。

その時に衣装がビシっと揃っているとカッコいいですよ!

 

結婚式の司会者が¥38,800
司会と演出の総合サイト
『スロイウェディング』

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村


結婚準備 ブログランキングへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Tagged: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です