みんなのお色直しの回数は?市場調査!


皆さん、お色直しはしますか?

今回は衣装に関して気になる記事を見つけたのでご紹介します!

 

① 結婚式での新婦の衣裳は平均2.2着。お色直しは1回。

『ゼクシィ結婚トレンド調査2011』によると、首都圏のカップルにおいて、

挙式、披露宴・披露パーティで新婦が着た衣裳の総数は“2着”の人が66.1%で最も多く、

平均は2.2着となっています。

つまり、およそ3分の2の新婦が、衣装替をする“お色直し”を1回としているようです。

 

エリアごとに見てみると、新潟・四国・九州では、衣裳の総数が多く、

3~4割がお色直しを2回しています。

 

② 「ウエディングドレス」の着用率は95.1%。「カラードレス」でその家に染まる意味を表す。

では実際には、どんな衣裳を着ているのでしょうか。

新婦が着た聞いたところ、「ウエディングドレス」は95.1%と、

ほとんどの新婦が「ウエディングドレス」を着ていることがわかります。

続いて多いのが「カラードレス」61.5%、

「色打ち掛け」「白無垢」と和装が続きます。

衣裳の組み合わせを見てみると「ウエディングドレスとカラードレス」が

55.8%と一番人気となってきます。

続いて多いのは「ウエディングドレスのみ」16.4%。

 

ただし「ウエディングドレスのみ」の人は2005年以降徐々に減少しているようです。

エリアごとに見てみると、衣裳の総数が多いエリアでは

この「ウエディングドレスとカラードレス」に

「色打ち掛け」を着ているようです。

「真っ白な状態から嫁ぎ先の家の色に染まる」ことを表す、お色直しの由来の通り、

白いドレスとカラーの衣裳の組み合わせが人気のようです。

 

③ 新郎のお色直しも1回。色違いの「タキシード」に。

一方、新郎の衣裳の総数は平均1.6着。

「1着のみ」の人は49.1%で一番多いですが、「2着」の人も46.5%と半数近くいます。

着ている衣裳の種類は「タキシードのみ」が55.8%で、「1着のみ」着用した人よりも多く、

新婦の衣裳に合わせて、新郎も「タキシード」から

色違いの「タキシード」に衣裳を変えるなどのこだわりがうかがえます。

(リクルート ブライダル総研調べ)

 

ご自身と比べてみていかでしたか?

重要なポイントはお色直しの回数が増えれば増えるほど、

新郎新婦は会場内にいない事になります。

つまりご列席の方々と接する時間も減ってしまいます。

このポイントも踏まえて自分達がどのような披露宴にしたいのか

検討してみはいかがでしょうか。

 

結婚式の司会者が¥38,800
司会と演出の総合サイト
『スロイウェディング』

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村


結婚準備 ブログランキングへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Tagged: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です