リビエラ東京のウェディング体験


さて今回は以前行った事のある式場の中から

「リビエラ東京」をご紹介。

リビエラ東京
〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-9-5
TEL.03-3981-3231  FAX.03-3982-0922
http://www.riviera-i.jp/

リビエラの前身は、1950年に創業した料亭「白雲閣」。

格式ある料亭で培われてきた日本古来のおもてなしの心と、

米国ロサンゼルスの名門ゴルフクラブ「リビエラカントリークラブ」に

受けて継がれてきたホスピタリティ。

その2つの精神がひとつになり、

現在のリビエラウェディングスタイルの礎となっています。

 

業界内でも評判のイイ式場です。

ブライダルフェアの演出の仕方やスタッフのサービスを見習おうと

他式場の方も言っていたくらいです。

 

さてそんなリビエラですが、

チャペルは3つの中から選ぶ事ができ、

6つの宴会場は様々な趣向をこらしています。

 

なお、リビエラ東京のコンセプトは

お二人の「最高の夢」を現実化し、皆様に感動していただくこと。

よしっ!じゃあ感動させてもらいましょうって事で

そのリビエラの結婚式に出席した時のレビューを

体験談として書いていきたいと思います!

 

挙式会場は自然光がさしこんだ柔らかい雰囲気。

cristalChapel-image01.jpeg

チャペルでしばらく待っていると音楽が切り替わり、いよいよ入場の時間が。

新郎新婦の入場の瞬間、チャペルのドアをみると、

すかしガラスの部分がなんと透明になり、

新婦と新婦父の姿が幻想的に浮かび上がりました。

その瞬間思わず「すごい!」と言葉を発していました。

とにかく挙式はこのインパクトが強かったです。※感動①

 

挙式のあとはガーデンでの写真撮影。

ひとしきり撮影が終わるとブーケプルズのイベントがっ!

なんと当選したのは新婦の4才の姪っこさんでした。おいおい。。

IMG_3246.JPG

そして披露宴会場へ移動し、しばらく待っていると

オープニングムービーの上映。

なんとオープニングムービーにはリビエラの料理紹介のPVが!

これからでてくる料理がますます楽しみになりました。※感動②

IMG_3248.jpg

ケーキ入刀のシーンでは、新郎母、新婦母がでてきて、

新郎新婦それぞれにケーキを食べさせるというシーンが。

いわゆる「ラストバイト」というイベントです。

 

お色直し入場のテーブルラウンドはフォトサービス。

テーブルごとにHAPPYの文字のバルーンを持って撮影。

出来上がった写真はHAPPYのバルーンがあるだけで華やかになってました。

こういう一手間の演出は効果大ですよ!!

 

そして披露宴はめでたくお開きとなったのでした。

IMG_3245.JPG

帰宅後に引出物を開けてみると、手作りのティッシュケースが入ってました。

たしかこれは「新婦のお婆ちゃんが手作りでこしらえた」と

披露宴中に紹介されていたものだ!※感動③

新婦のおばあちゃんが一生懸命作っている姿を想像し、

ほんわか優しい気持ちになった披露宴でした。

 

総括としては全体的にスマートで粗がない印象です。

そのなかでもちゃんとメリハリが効いていて

素晴らしい披露宴だっと思います。

さすがリビエラ!!

 

結婚式の司会者が¥38,800
司会と演出の総合サイト
『スロイウェディング』

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村


結婚準備 ブログランキングへ

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Tagged: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です